スキンケアで美しさを追求しよう

スキンケアで美しさを追求しよう

女性だけでなく男性もお肌に気を遣っている現代。男性の美意識もどんどん高くなっていて、綺麗な肌の男性も以前より増えてきたように感じます。女性だって負けてられませんよね!毎日のスキンケアで美しい肌を手に入れましょう!

季節ごとの正しいスキンケア

スキンケアに季節は関係がないものだと考えている人もいますが、季節によってスキンケアを正しく行わなければ、肌荒れなどを起こしてしまう可能性もあります。たとえば、春になったら、春にあったスキンケアの方法を行う必要があるのです。春は実は夏よりも紫外線が多いといわれており、花粉や砂ぼこりの影響で肌あれなどもしやすい季節だといわれています。また、激しい温度差などの影響で、肌トラブルなどが起こる可能性もあります。肌トラブルを改善するためにも、春のスキンケアのポイントは洗顔だといいます。肌に付着した黄砂や花粉をしっかり落とすことが大切です。しっかりと泡立てた洗顔フォームなどでやさしく顔を洗います。夏は毛穴が開きやすい季節でもあり、シミやソバカスなども気になりますし、冷房によって潤いも失われがちなので、乾燥が気になります。なので、夏のスキンケアのポイントは、保湿です。化粧水や乳液でたっぷりと潤いを与えて、肌を乾燥から守ります。秋は夏の紫外線の影響のある暑い季節から少しずつ寒くなっていきます。この季節は寒暖の差に肌が疲れはじめる時期だといいます。秋は夏のダメージケアを改善するために、保湿と紫外線ケアを中心にスキンケアする必要があります。少しずつ乾燥していき、冷たい空気にさらされる肌を保護しながら、夏のダメージを改善していきます。冬は一番肌にとっては影響の大きい季節だといえます。この時期は、暴飲暴食をしてしまったり、寒さで血の流れが悪くなってしまい、くすんでしまったり、乾燥が気になりはじめます。冬の肌トラブルはとても厄介で、なかなか難しい問題です。寒さで血流が悪くなる、ということで、冬のスキンケアのポイントは、マッサージでの血行促進と保湿です。マッサージを行うことで、手のひらの温熱効果や圧力が肌の新陳代謝を改善してくれて、乾燥やくすみのケアだけではなく、スキンケア成分の浸透までよくなります。

スキンケアを継続することの重要性

エステなどの美容施設のケアは別として、スキンケアは1日で効果を実感することは難しいです。高価な化粧水や美容液を使えば、翌日のお肌の違いを実感できることはありますが、効果を持続させるためには継続ケアが必須です。お肌のターンオーバーの周期は28日であり、28日サイクルでお肌が生まれ変わっています。このリズムが乱れてしまうと、美肌から遠ざかってしまうのです。ターンオーバーを維持するのは比較的簡単ですが、乱れたサイクルを正常化するのは容易ではありません。病気にも言えることですが、予防をするのはそれほど難しくありませんが、治すのは辛いものなのです。ターンオーバーが乱れた状態は、お肌の抵抗力が弱くなっています。バリア機能が低下すると、ニキビや湿疹なども起こりやすいです。肌状態が安定しているという理由でスキンケアをサボる方がいますが、継続ケアをしたから安定していたと考えるべきです。30代に突入すると、お肌の老化を気にすることが多くなるでしょう。お肌の曲がり角は20代で訪れ、30代は乾燥が気になり始めます。より保湿ケアを徹底し、お肌を乾燥させないことが大切です。常に保湿状態を維持しておけば、大抵のダメージは跳ね返してくれます。敏感肌だと言われる方の多くは、同時に乾燥肌でもあります。乾燥しているから敏感肌を招いているとも言えます。そして冷え性対策も大切となるため、特に下半身を冷やさないように注意しましょう。毎日入浴してじっくり身体を温めてください。身体の芯から温めるには入浴が一番なのです。半身浴はのぼせにくいですし、足浴は気軽に行えます。冷えを解消することは、最大のスキンケアとなりえます。身体を温めることで血流を促進し、肌細胞に栄養を効率的に届けることが可能になるからです。

スキンケア用品の使用期限とは?

化粧品には使用期限というものがありますが、スキンケア用品にも実は使用期限というものがあるといいます。メーカーや種類にもよって差はありますが、基礎化粧品の場合は、未開封で空気に触れていない状態のものだと約3年、開封した後になると半年を目安になるということです。実は、使用期限を過ぎたものを使っていると、肌トラブルになってしまう可能性があるということで注意が必要です。スキンケア用品などの基礎化粧品も、たとえ未使用で保管をしっかりとしているつもりでも、一度開封してしまうと空気が入り込んでしまい、酸化が進んでしまうので、劣化してしまうといいます。未使用で製造から3年未満の化粧品だったとしても、温度の高い場所に置いてあったり、直射日光の当たりやすい場所に放置されていた場合は、やはり劣化している可能性があるので、気をつける必要があります。また、手で触れたときに雑菌が入ってしまい、それが中で繁殖してしまう可能性もあるので、できるだけ使用期限も考えて使い切るようにしておくことが大切です。雑菌だらけのスキンケア用品を使ってしまうと、清潔な肌になるどころか肌荒れを引き起こす原因になってしまうので、大変です。基礎化粧品は、できるだけ購入したシーズン内に使い切るのが一番です。ですが、たとえば、半分残ってしまっていた夏ものの化粧品を翌年の夏に使いたい、という場合は、顔ではなく、ひじやひざ、かかとなどに少しだけつけて様子をみてみるといいです。かぶれたり、かゆみなどが起こらなかったら、目立たない部分用のケア用品として使うといいということです。顔などには使わないほうがいいといいます。ただし、開封してから1年以上経過している場合は廃棄することをおすすめします。

■シミ、ニキビにはこちらの治療薬でお肌をスキンケアしていきましょう
プラセンタの嬉しい効果について
■お肌のスキンケアをしていて、一重や奥二重にお悩みの方にはこちらのサイトがおすすめ
二重まぶた切開法とは?
■スキンケアを季節問わず行うならば、一緒にまつ毛も育毛行いましょう
ルミガン
■トレチノインは実際肌にどのような作用があるのかチェックしましょう
トレチノインの肌への作用とは