スーツの種類について

一口にスーツといっても高級な簡単に入手できないものからお手軽に買うことができるものまで色々な種類があります。着用する目的によっても色々種類があります。大まかに分けるとリクルート用の就職活動や企業面接の際に着るものと、ビジネス用、フォーマル用のいわゆる礼服の三つになります。リクルート用とビジネス用を総称してスーツといい、フォーマル用と礼服を総称して礼服といっています。

お葬式や結婚式などの冠婚葬祭で着用するのがフォーマル用と礼服になります。一口に礼服とはいっても着用する目的や立場、時間帯でも別々の礼服を着ているのですが、どんな場所でも着られるように簡略化されている礼服が一般的になったため、まとめて礼服といっています。燕尾服は礼服の中でも正礼服と呼ばれるごくフォーマルな種類の礼服ですが、指揮者や、勲章授与式などで着るものです。モーニングも礼服の中でも正礼服と呼ばれるごくフォーマルな種類の礼服で、結婚式で新郎か新郎新婦の父親だけが着るものです。

タキシードは準礼服といい、正礼服よりは堅苦しくない場面で着る礼服で夜に着るものです。夜は燕尾服は着ないものなので夜に燕尾服の代わりに着ることが多い礼服です。ブラックスーツは略礼服といわれ、簡略化された礼服なので、礼服を着る必要がある場面では一番無難な礼服になります。そのため、どの時間帯でも着ることができ、慶事、弔辞の場面で着ることができます。

お通夜のときは濃紺やダークグレーのダークスーツを着ます。ネクタイは黒か地味な暗い色を選び、靴下や靴は必ず黒を選びます。お葬式のときはブラックスーツを着ます。白いワイシャツに、黒無地のネクタイ、靴下、靴を着ます。

梅田駅で洋服お直しのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です