イタリアンスーツの特徴

イタリアンスーツは、ブリティッシュスタイルに機能性やデザイン性を加えているのが特徴的ですが、細かいスタイルは地域によって異なります。ナポリスタイルは、クラシコイタリアとも呼ばれており、軽くて柔らかいスーツです。イタリアの伝統的な技術を継承しているサルトという食人が仕立てていまう。着る人のことを第一に考えるので、全て手作業のオーダーメイドでシルエットが美しいです。

ミラノスタイルは、イタリアンスーツの中で一番ブリティッシュスタイルに近いです。かっちりと角張っているスクエアショルダーや、ウエストラインをきつく絞っています。ミラノは最先端のファッションが人気で、既製品が多く売られています。ローマスタイルは1950年代半ばに、ローマを中心として流行しました。

幅が広くて角ばった肩や細めの衿、前裾をモーニングのように大胆に切り落としたカッタウェイスタイル、浅く切られたサイドベンツが特徴です。ジャケットの丈が短く体にフィットします。シングルの裾でベルトのないパンツを合わせる様子は、イタリアンコンチネンタルモデルとも言います。フィレンツェスタイルは、前身頃と後身頃の間にあるパーツを取り除いています。

これによってウエストがすっきりと独立して、胸部が立体的になるのでしなやかでエレガントな印象を与えます。イタリア人にとってスーツは、自分の表現するツールの一つです。胸板ではなくヒップラインを強調することで、女性にモテようとしています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です