スーツ2着でひとつ半額のカラクリと利用方法

スーツは、オーダーメイドのものはいいですが高いですのでどうしてもレディーメイドになります。スーツ専門店では2着で1着分半額にしますとのうたい文句でセールをしていますが、どうせ2着目は質の悪いものだから、2着同梱で売るのだろうと考えがちですが、実はそうではなく品質は同じです。ではどうして一見店は損しているような売り方をするかといいますと、それの紳士服の価格の内容に秘密があります。スーツの価格の内容は、半分が利益で、半分が人件費、広告費、光熱費などの経費です。

つまり、1着でも経費は半分で、その時に2着同時にうっても2着セットでも経費の半分は同じなので、店は2着分の儲けを手にできるのでこういう価格設定になってます。つまり店は何も損をしていないどころかむしろ1着売るよりも利益を倍えていますので、あのようにいつも2着買い得セールをするわけです。このカラクリを利用して安くていれる方法はないかと検討しましたところ次の考えが浮かびました。3着買うから3着目は6割から7割引きにしてほしいと交渉することです。

このやり方は必ず成功するわけではないですが、店としては、一度に三点も売れるため、利益は上がることはなので、多少の値引きには応じます。三着も必要ないかもしれませんが、同じ体形の方とシェアするつもりで3着目を譲ることを前提で共同で買えば、交渉成立すれば安く買えたことになりますので試してみる価値はあると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です