ビジネスを行っていく上で、営業の拠点を変えるということがあります。さすがに大きな企業グループにおける本社などの中心が動くことは希ですが、支店などの各地の営業所などは、より効果的かつ効率的な営業のためにオフィスの移転が行われることは多いです。オフィス移転のメリットは様々なことが考えられますが、大きく費用面と効率面に分けられます。まず費用面として、たとえば毎月支払うオフィスの賃貸料や、税金などを抑えることが可能となります。

近年では賃貸料の問題で揉めるケースが増え、また税金の支払いが経営を圧迫している企業も増えてきています。そこで、オフィス移転を行うことで費用面の負担を軽くすることが選択肢として挙げられます。次に効率面です。一番先に思い浮かぶのは移動にかかる効率面であり、たとえば主要駅に近いとか、オフィスの外観が分かりやすくて見つけやすいことなどが挙げられます。

移動にかかる効率面は、そこで働く人はもちろんのこと、訪れてくれる取引先や宅配会社の人などにも良い印象を与えるでしょう。オフィス移転において気を付けなければならないのは、費用対効果を考えることと、どこの仲介業者に依頼するかということです。前者においては、オフィス移転をすることによって、現状よりももっと環境を良くできるか、それはどの程度良くなるのかなどを、移転にかかる費用と照らし合わせて考えることが重要です。後者においては、どこの仲介業者に依頼するかによって、費用や日数、質の高さなどが変わってくるため、オフィス移転の前にはよく考えて依頼するようにしましょう。