オフィス移転を効率よく行うためには次の3つのポイントを押さえておくことがおすすめです。まずはオフィス移転をする目的の明確化です。具体的な目的としては増員に伴いより広い仕事スペースが必要になったとか、アクセスの良い立地に移りたい、あるいは内装を一新することでイメージアップを図りたいといったものです。これらの目的をもとにして、立地や広さ、予算、移転のタイミング、設備や築年数等のグレードを絞り込んでいきましょう。

次にオフィス移転のために十分な準備期間を設定することです。賃貸契約の中途解約のためには最低でも半年前には管理会社に知らせる必要があります。加えて、原状回復工事が必要なケースがほとんどであるため、業者への依頼等をあらかじめすすめておき滞りなく移転できるように準備する器官を設けることが大切です。そして移転作業を通常業務に支障をきたすことなく行うために、オフィス移転を専門に行っている業者に依頼することがおすすめです。

専門業者に依頼すれば、企画から物件探し、現状復旧工事まで総合的なサポートを受けることが出来るので、社員の負担を大幅に軽減することが出来るでしょう。ただ、専門業者を選ぶ際には、会社の裏側を見せることになるので、セキュリティ対策をしっかりと行っている業者を選ぶようにすることも忘れてはいけません。Pマークを取得していたり、セキュリティ対策の実勢豊富な業者を選ぶようにしましょう。これらの点を押さえておくことがオフィス移転業務を成功させるためのポイントです。