オフィス移転は、企業にとってかなり大きく、重要なプロジェクトと言えるでしょう。移転することには様々な効果があり、うまくいけばそれらの効果を最大限に生かすことができます。例えば、広いオフィスに移転しつつレイアウトも見直すことで業務効率を上げたり、複数のオフィスを集約することで管理コストなどを減らす効果などが代表的なものです。しかし、同時にオフィス移転がうまくいかないと、単に移転のためのコストを無駄に使ってしまう、ということにもなりかねません。

では、移転の成功、失敗を分ける重要なポイントには何があるのでしょうか。実は、オフィス移転の成功、失敗を分ける最重要と言ってもいいポイントは、業者選びにあります。オフィス移転でどんな業者を選ぶかは、それだけで大きな違いを生むのです。例えばよくあるのが、コストを抑えようと思い、工程ごとに最安値のところを選んで手配してしまうことです。

そうすることで一見すると移転に掛かるコストは抑えられるように思えますが、複数の業者が入ることで、それぞれとのやり取りに時間が掛かってしまったり、業者間のスケジュール調整に労力が掛かったりしてしまいます。そこでおすすめなのが、オフィス移転における工程の全てを任せられる業者を選ぶということです。そうすることでやり取りは少なくなり負担が減るだけではなく、結果としてコストも削減できる場合が多くなります。また、そうしたところは移転に関する豊富なノウハウを持っていますので、より良いオフィスレイアウトを提案してもらうことも期待できるでしょう。