今までの事業で培った経験などを別の分野で発揮して、新しい仕事をするという方法を考えることができます。その他にも、蓄積をしてきたノウハウを活かして別のターゲットに定めたビジネスをする手段も存在します。それによって、顧客を増やすと同時に利益の増加を図っていくということができるようになっています。オフィス移転をしている企業がノウハウを活かして、対象者を別に見つけだすということも検討できます。

移転という部分に着目をするならば、運ぶという作業を別の場所でも使うことができます。例としては、病院の運営者の部屋などに必要な机や椅子などを運んでいくという仕事を挙げることが可能です。つまり、オフィス移転の捉え方に変化をプラスして新しい顧客を探すということです。ターゲットを別に決定しても、従来の仕事のノウハウを活かすモデルとなります。

そのため、新しい事業を開始する必要はなくそれに伴うコストの投入を決断することを回避することができるようになります。また、新たな事業を計画するための時間や作業や人員を必要としなくなるという利点も存在します。経験を積み重ねてきたオフィス移転という仕事の利用者を新たに見つけて、収益を得ていくという手法があります。今までのノウハウというすでに持つ資産を使うため、資源の浪費を抑えることが実現します。

オフィス移転の相手を変えたりすることで、売上の財源を新たに発見するということを期待することが可能です。