福利厚生代行企業とオフィス移転業者と提携による、次のようなサービス案を提示することが可能です。それは、福利厚生代行企業に毎月一定額の料金を支払う代わりに福利厚生が利用できるという項目に追加を発生させます。つまり、福利厚生代行企業に毎月お金を支払うことでオフィス移転の費用を安くするというものです。業者は代行企業と提携を行い、顧客を呼び込んでもらう代わりに移転代金を格安にしていきます。

オフィス移転業者は、顧客を確保することができる上に収益を獲得することが可能となります。福利厚生代行企業は、提携をすることによって新しいサービスを供給することができるようになります。他方でオフィス移転を依頼する企業にとっては、毎月支払う福利厚生代行利用料金で格安で仕事を頼むことが可能です。すると、移転をするときのコストを下げるということが実現するようになります。

この案でのポイントは、事務所の移転を福利厚生代行の範囲に含めるということです。そして、業者の観点からは今まではビジネスで行っていたことに福利厚生という側面を足すということになります。しかし、ビジネスを行って代金を支払ってもらうという点に関しては同じままとなります。オフィス移転を行う業者が福利厚生企業と提携を行い、仕事をしていくというやり方を検討することが可能です。

福利厚生の範囲に新たな追加を行っていき、収益の拡大のきっかけ作りとしていくということです。