オフィス移転を行う際の注意点がいくつかあり、予めリストを作成しておくと便利です。移転する際は、作業時間が足りなくなることを避けるために、ゆとりのあるスケジュールを組む必要があります。オフィス移転が決まった時は、まず入居中のオフィスの解約方法や条件を知ることが大事です。解約に関することをチェックせずに、先に新しいオフィスを契約してしまった場合は、解約期間が長く空家賃を払うことが必要になった、などのトラブルが起こることが考えられます。

そのため、賃貸契約書の内容を確認したり、原状回復にかかる費用などの項目をはじめにチェックすることが望ましいです。そして、新しいオフィスを選ぶ時にも、立地やビル、賃貸条件などを確認することが必要です。立地は、社員の通勤時間や取引先との距離、周辺環境をチェックし、ビルに関しては管理会社や設備、共用スペースなどを確認します。それから、新しいオフィスの賃貸借契約を行う際は、住宅とは異なり複雑なので細心の注意を払う必要があります。

疑問点は不動産会社に確かめたり、重要事項説明を受けた時も、内容をしっかりと理解した上で契約をすることが大切です。また、新しいオフィスのデザインやレイアウトの決め方として、レイアウトにより新しく買うものや持っていく家具を決定し、配線関係も決めておくと工事の見積もりが取りやすくなります。その際は、必要な設備や備品、デスクサイズ、購入する備品などについて確認しておきます。さらに、オフィス移転の際には住所変更などを行いますが、法務局や税務署、社会保険事務所などで手続きを行う必要もあります。

そして、移転案内状を取引先などへ送付することも忘れずに行うことが大切です。