手狭なことや、利便性の問題などからオフィス移転の必要性が生じた時、気になるのはそれにかかる費用です。そして、実際にシミュレーションを行ってみると想像以上にいろんな所で費用が発生することがわかります。まず当然のこととして、オフィス移転先である賃貸物件に対して、家賃、敷金、共益費などを支払わなければなりません。また、部屋を借りただけではオフィスとして機能しませんから内装工事が必要になってきます。

電気コンセント、電話やネットワークなども仕様によっては再工事が必要です。もちろん、什器やOA機器も必要に応じて購入しなければなりませんし、搬入の際には、組立費や施工費が発生する場合もあります。次に、現在のオフィスを引き取る際に発生する費用も計算に入れなければなりません。第1に、使わなくなった什器類なのどの処分費です。

第2に、荷物を新しいオフィスに移動するための引っ越し代が発生します。そして最後は、オフィスを借りる前の状態に戻すための原状回復費です。これは大抵の場合、部屋を借りる時に払った保障金や敷金から補填されますが、傷みや改造があまりにもひどい場合は、追加費を請求されるケースもあります。以上が、オフィス移転にかかると思われる費用の概要ですが、金額の検討を行う時はもれがないように、これらを一覧にしてチェック用紙を作った方がよいでしょう。

さらに、実際に移転を始める段階になるとスケジュールの組み方が重要になってきます。うまくスケジュールを組めていないと無駄な費用がかかってしまうことがあるので注意が必要です。