江戸川区へのオフィス移転を成功させたいのであれば、明確な目標をスタッフ全員で共有しなければなりません。新興の企業など事業が軌道に乗ると見栄を張って江戸川区へオフィス移転をするケースが見られますが、目標が明確でないのならば止めておいた方が無難です。東京都心にオフィス移転すれば見栄を張ることができるかもしれません。しかしスタッフのモチベーションや生産性が大きく低下し、事業の調子が悪化する可能性があります。

江戸川区へオフィス移転をするのであれば、スタッフのモチベーションや生産性を向上させられることが大切です。明確な目標を定めてスタッフ全員で共有したら、次は詳細な条件について検討する必要があります。事業運営に大きな影響を及ぼすため特に気をつけなければならないのは賃料です。事業が好調なときに高額な賃料の物件を借りると、後から業績が悪化して経営上の大きな負担となる可能性が存在します。

将来の業績や事業の成長性、収益性などを考慮した上で無理のない賃料の物件を選んでください。事業を円滑に運営するためにはビルの使用時間やセキュリティなどにも注意しなければなりません。使用時間に制限があったり防犯上の理由で夜間に出入りができないと、事業運営に支障をきたします。移転後も効率的に業務を行うためには、賃料だけでなく使用時間やセキュリティも物件選びの重要な基準になります。

空調やトイレなどの設備の他に最寄り駅からの所要時間や周辺の施設なども検討するとよいでしょう。江戸川区でオフィス移転のことならこちら